『看護師とママ』どっちも楽しみたい方へ≫

採血で手が震える看護師さんへ!ガクガクをぴたっと止める10の対処法!

採血の時に手がガクガク震える…

 

このまま震えがおさまらなかったらもう看護師やっていけないよ…

看護師

今回の記事では採血時の手の震えでお悩みの看護師さんに対して《手の震えがピタっと止まる対処法》をお伝えします。

こんにちは!看護師歴10年目のたま子(@kangoshi_tamako)です!

採血時の手の震え…本当に不安になりますよね。

私もブラング後に看護師に復帰した時、しばらく手が震えてしまい本当に悩みました。

震えが気になると更にガクガク震えるんですよね…

手が震えると、採血を失敗するかもしれないし、患者さんにも不安を与えるので大問題です。

でも色々試行錯誤しながら採血を行ったところ…

現在、手の震えがなくなり快適に採血をする事が出来るようになりました!

だからあなたもきっと大丈夫!

今回はそんな自分の体験談と採血時の手の震えが止まる方法を記事にしてみました。

たま子

採血時の手の震えを思いつめている看護師さんは是非今回の記事をご覧になってくださいね。

採血をレベルアップさせたい方へ

翼状針採血,コツ 翼状針採血が10倍上手くなるコツ!採血室所属看護師が伝授します!

医療行為なしの職場で働きたい方へ

看護師,医療行為なし 【え!看護師なのに医療行為なし!?】ストレスフリーの職場をご紹介!

採血室配属になり急に手の震えが出現!

採血

あなたはどんな事がきっかけで採血の時に手が震えるようになりましたか?

私は看護師歴約10年。もちろん手の震えに悩むことなく問題なく採血を続けていました。

ところが…

ここ最近急に手が震えるようになりました。

私は長く勤めていた病院を2年前に退職。ブランクを経て今年の春、看護師に復職しました。

そして…

採血室担当の看護師になったんです。

採血室でする採血は今まで病棟でしていた採血とは雰囲気が違っていたんですよね。

私以外の採血室担当の看護師や臨床検査技師さんはみんな採血のプロばかり。

失敗する事なんてほぼないんです。

どんな細い血管でも採血できちゃいます。

なので、失敗は許されない雰囲気。

たま子

ミスしちゃいけない、絶対一発で血管仕留めないと…

そうプレッシャーに感じながら採血を続けていると

手の震え

針を刺す手がガクガク震えてきたではありませんか!

 

たま子

え!?こんなに手が震えてる!?

 

患者さんにバレないようにしないと!

手の震えを患者さんに悟られば「この人大丈夫?」って不安を与えてしまいます。

患者さんに悟られないように悟られないように…

そう焦れば焦るほど手の震えは強くなりました。

一度そうなるとドツボに入ってしまうんですよね。

どんなにいい血管が出ている人でも、問題なく針が入った後も

条件反射のように過度に緊張して手が震えるようになってしまいました!

たま子

このままずっと手の震えが続いたら採血室外してもらわないといけない…

 

どうしよう…。

そう思って本気で悩んでいた時期がありました…。

採血時の手の震え…みんなも悩んでる!

採血時に手が震えだした私は同じ症状の方はいないかネットで検索。

するとやっぱり手の震えで悩んでいる看護師や医療者は結構多かったです。

『自分だけじゃないんだ!』と安心できるみんなの採血時の手の震え体験談を乗せておきますね!↓


初心者のうちはやっぱりみんな手が震えちゃう…。


同業者だと知ると手が震えるのは看護師あるある(笑)


夜勤の朝疲れたりすると更に手が震えるんですよね…。

たま子

みんな手の震えで悩んでいるんだなぁとちょっと安心しました。

採血時の看護師の手の震えは患者さんにとって恐怖!

でも、あなたの採血時の手の震え。

事実、患者さんに恐怖を与えていますよ…。

Twitterで見かけた患者さん側の意見をピックアップしてみました↓


自分に触れた手からダイレクトに伝わる震えが恐怖!!


看護師が採血を不安に思う気持ちが、さらに患者さんを不安にさせちゃう!!


手の震えから緊張が伝わると、患者さんも緊張して時に倒れちゃうことも!!

たま子

看護師の手の震えで患者さん自身も震えています!

採血時に看護師の手が震える原因

まずは私が採血時に手が震えていた原因を振り返ってみました。

手の震えに悩んでいる方はきっと「わかる〜!」と共感できるはずです。

たま子

私だけじゃないんだって気持ちを楽にしてみてくださいね。

ブランク後の復帰で久しぶりの採血

採血

一番の手の震えの原因は…

長期間のブランクの後に急に採血した事だと思います。

私は2年のブランクを経て採血室勤務の看護師になりました。

いくら看護師歴は約10年と言えども2年もブランクがあれば心境は違います…

今まで問題なくできていた採血も

「ちゃんとできるかな?」

 

「この血管で針入るかな?」

と感が鈍り自信がなくなってきます。

しかもブランクはあれども看護師経験は長いので周りからは「数回刺せばすぐにできるようになるね!」と思われているのがわかります。

『看護師歴が長いんだからできて当たり前だよね…ミスしないようにしないと!』

たま子

プレッシャーを感じてガチガチに手が緊張してしまいました。

採血の時に患者さんに手をじっと見られる

周囲の目,不安

私は私は以前は病棟勤務でした。

もともと緊張しいな私。

採血の時に患者さんにじっとみられてしまうと緊張するので…

病棟ではなるべく寝てもらって採血をするようにしていました。

寝てもらうと採血をしている手元は見えないので安心です。

でも採血室での採血はそうもいきません…

通常患者さんは座った状態で採血を行います。

採血の時にじっと手元を見てくる患者さんもいらっしゃいます。

見られるとめちゃめちゃ緊張しませんか!?

「変な事しちゃいけない!」

 

「自分の不安を患者さんに悟られてはいけない!」

たま子

そう言い聞かせれば言い聞かせるほど手が震えてきちゃったんです。

失敗が許されない雰囲気

プレッシャー

先ほども言ったように…

採血室での採血は失敗が許されない雰囲気でした。

患者さんも「ここは採血がうまい看護師がいるから失敗される事はないだろう」と思って来ている方が多く

少しでも失敗すると

「前は一回で入ったよ!下手な人にはされたくない!」

「いつも失敗される事なんてないよ!」

と容赦なく言ってくる人も多々…

失敗した事を攻めれると精神的にかなり参ります。

「次は絶対失敗しないようにしないと…」

 

「ミスは許されない…」

たま子

プレッシャーを感じれば感じるほど手が震えてきてしまいました。

採血時に手が震えた時の対処法

では看護師が悩む採血時の手の震えを治めるにはどうすればいいのでしょうか…?

ここからは私が実際試してみて効果のあった《採血時に手が震えた時の対処法》をご紹介いたします。

たま子

私はこれから紹介する方法で手の震えが治りました!

マスクで不安な表情を隠す

マスク

まず、患者さんに自分が採血を不安に思っている事を悟られないように

採血時はマスクをつけて顔を隠すようにしましょう!

患者さんが不安に感じているのがわかると自分も更に不安になって手も震えてきちゃいますよね。

そこで役に立つのが…マスク!

マスクをつけると患者さんは看護師の目元しか見えないため、あなたの引きつった笑顔や震える唇が見られる事はありません。

看護師はマスクをつける事で自分の不安な気持ちが患者さんに悟られていないと思うことができます。

たま子

『不安を悟られてない!』と、安心できるので震えを軽減される事ができました!

深呼吸をする

深呼吸

緊張している時は心臓がドキドキ。

体もガチガチにこばっていませんか?

これは定番ですが…

リラックスしたければまずは深呼吸!

『大きく吸って〜吐いて〜』

深呼吸を繰り返すとびっくりするくらい体の力が抜けていきますよ。

たま子

体全体がリラックスすれば震えも徐々に治ってくるはずです。

採血以外の事を想像する

看護師,考える

失敗したらどうしよう…手が震えたらどうしよう…

その思いで頭がいっぱいになっているからこそ手が震えてしまうんです。

いつも採血を失敗しているわけではありませんよね。

緊張でガチガチになってしまっている時は…

逆に全く違う事を考えた方がうまくいきます!

私は子供の笑った顔や変な顔…

大好きな子供達の姿を想像しながら採血するようにすると自然と震えが止まりましたよ。

リラックスできる事以外にもイラつく事を想像するのも意外と効果的です。

さあ、採血時『だらだらと携帯いじってばかりで家事を手伝わない旦那』を思い浮かべてみてください…

たま子

きっと「あいつめ〜!」ってイライラした気持ちが採血のドキドキをかき消してくれるはずです(笑)

針を刺すまでの時間は短く!

私は手の震えを軽減させるために…

針を刺すまでの時間はなるべく短くしています!

採血を不安に思う患者さんは針を刺すまでの時間、かなりドキドキしています。

看護師が時間をかけて準備をしたり…

じっくりと血管を探したり…

そうこうしている間に緊張がどんどん膨らんでいくんです。

すると患者さんの表情やそぶりから緊張が伝わり…

看護師自身も緊張する!

その姿を見て患者さんが更に緊張する!

そして、どんどん手の震えが増していく…。

という、悪循環に陥るのです!(涙)

そのため針を刺すまでの時間はなるべく短く!

パッと準備してさっと血管を選んでサクッと針を刺すようにしましょう!

すると

患者さんも自分も緊張する暇がなくなります!

たま子

パッと針を刺せるようになりたい看護師さんは『翼状針採血が10倍上手くなるコツ!採血室所属看護師が伝授します!』の記事をご覧になってくださいね!

患者さんを安心させるような声かけを行う

看護師,患者さん

手が震えてしまう時、あなたの体はガチガチに緊張していますよね。

患者さんを不安にさせないように…

採血時には患者さんを安心されるような声かけを行うようにしましょう。

体は緊張していても声だけは明るくて優しい声が出せるはずです。

「少しちくっとしますよ〜」「手の先にピリピリした痺れはありませんか?」「ご気分悪くなったらすぐ言ってくださいね。」

例え看護師の手が少しくらい震えていても…

優しい声をかけてもらえるときっと患者さんも安心するはずです。

それに声かけは患者さんだけじゃなく自分自身も安心させる事ができるんですよ。

たま子

明るい声を出す事で「緊張していない!」と自分に言い聞かせる事ができます。

気づかれないくらいの声で鼻歌を歌う

鼻歌

患者さんに明るく声かけをして気持ちをリラックスさせるのはかなり効果的でした。

でも採血時にずっと喋り続けているわけにはいきませんよね…

なので…

私はめちゃめちゃ小さい声で鼻歌を歌うようにしました(笑)

すると

気分が紛れるし、リラックスできて震えが治ったんです!

でもこれは私が周囲がガヤガヤしている環境で採血をするからできた事。

クリニックとか静かな場所では鼻歌がバレてしまうので難しいかもしれませんね。

たま子

賑やかな場所で採血を行なっている看護師さんは試してみてください!

周囲のスタッフに手の震えをカミングアウトする

相談

看護師経験は長いんだからできて当たり前…

プレッシャーを感じてガチガチに緊張してはいませんか?

看護師経験が例え長くても緊張する事はあると思うんです。

ましてや看護師のブランクがあれば採血の時にドキドキするのは当然!

もしあなたが、周囲に緊張を悟られないようにと周りの目を気にしているとしたら…

自分が緊張しているという事を一度周囲にカミングアウトしてみましょう!

私も手の震えで困った時はプライドを捨てて周囲のスタッフに伝えましたよ。

「ブランクが長いので緊張して手がガクガク震えるんですよ〜」

一度言ってしまえばなんだか気持ちがすっと楽になりました。

「わかるわかる!私もしばらくブランクがあってから採血した時は手が震えたよ!」

なんて共感してもらえたりもして…

たま子

『自分だけじゃないんだ!大丈夫!』と、おおらかに考える事ができるようになりました。

震えた手を支える土台を作る

色々試しても手の震えがおさまらない方は…

ガクガク震える手を支える土台を作るといいですよ。

針を刺す時に手が震える方は針を刺す利き手とは反対の手に沿わせるように針を刺すといいです。

私は右手で針を刺すので、皮膚を伸ばしている左手の手の甲で震える右手をさりげなく支えるようにしていました。

しっかりと手で土台を作る事で手の震えを軽減させることができます!

たま子

がっつり支えなくても、どこか一点を沿わせるだけでだいぶ震えが違います!

緊張を軽減させる本を読む

手の震えはあなたの心の緊張からきてます。

つまり…

緊張を軽減させれば良いのです!

ここまで私がご紹介してきた方法を試しても手の震えが治りそうもないあなたは…

『緊張を軽減させる本』を読んでみてはいかがでしょうか?

『緊張しすぎる私』は実際に針を持つ手が震えてしまった看護師さんの体験談をもとに書かれた本です。

長年の手の震えと根気強く向き合う著者の姿勢に勇気付けられる一冊。

『緊張をとる』は関西弁の対話形式で緊張をとる方法が紹介されています。

楽しみながらリラックスして手の震えを軽減させる方法を学ぶことができます!

『緊張をとるコツ』はイラスト付きで分かりやすく緊張をとるコツが書かれた本です。

心理的なことだけじゃなくて身体的な行動でも緊張を軽減する方法が書かれています。

『バンザイ』をしたり顎を少しあげたりするだけでも手の震えが治るみたい!

たま子

じっくりと本を読んであなたに合った緊張を軽減させる方法を見つけてくださいね!

医療行為のない職場に転職する

老人福祉施設,看護師

どうしても採血の震えがおさまらない…

意識すれば意識するほど震えてきちゃいますよね。

ドツボにはまってしまい体が条件反射のように震え出してしまう看護師さんは…

もういっそ!

医療行為のない職場に転職してしまうのもアリです!

私の妹は大病院から「小規模多機能型居宅介護事業所」に転職しましたが…

採血などの医療行為は一切なくなり

10倍毎日が楽になったのです!

他にも看護師でも医療行為なしで働ける職場は意外とたくさんあります。

たま子

医療行為なしの職場に行けば手の震えの恐怖に悩む心配もなくなりますね!

医療行為なしの職場で働きたい方へ

今はもう全く手の震えなく採血ができています!

ここまで書いた『手が震えた時の対処法』を試し続けた結果…

採血時に手が震える事は全くなくなりました!

それどころか、毎日30〜70人程度の採血を嫌でも続けてきた結果…

採血の技術が格段にレベルアップしたのです!

毎日ミスしても2、3人程度。ミスしたのしても2回目ではほぼほぼ成功する事が出来るようになりました!

本当に採血は経験あるのみです!

そこで、採血経験の少ないあなたのために、採血室で試練を重ねた私たま子がこっそりと『採血が上手になるコツ』をご紹介いたしますね…。

たま子

『採血で失敗する事が多い…』とお悩みのあなたは是非ご覧になってくださいね!

採血をレベルアップさせたい方へ

翼状針採血,コツ 翼状針採血が10倍上手くなるコツ!採血室所属看護師が伝授します!

採血時の手の震えは一時的なもの!きっと大丈夫!

採血

あなたは今手の震えですごく悩んでいるかもしれませんが…

震えは一時的なもの!きっと大丈夫です!

悩めば悩むほど震えは強くなってきます。

なんとかなるさと!とどんと構えて普段の調子でリラックスして採血をしましょう。

心さえ平常心で臨めばきっと大丈夫。

あなたの採血はきっと成功します☆彡

たま子

自分にプラスの暗示をかけながら一緒に乗り越えていきましょうね!

今回の記事が採血時の手の震えで悩む看護師さんのお役に立てれば幸いです。

こちらの記事もどうぞ

医療行為なしの職場で働きたい方へ

採血をレベルアップさせたい方へ

 

最後まで読んで頂き本当にありがとうございました!

\ブログランキング参加中/
にほんブログ村 病気ブログ 看護・ナースへ
ポチッと応援していただけると嬉しいです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)