『看護師とママ』どっちも楽しみたい方へ≫

【看護専門学校:体験談】厳しくて忙しい!けど意外と楽しい!

看護専門学校,口コミ,体験談

看護専門学校に行きたいけど…

 

やっぱり忙しくてしんどいのかなぁ…心配だな

今回の記事では実際の体験談をもとに『看護専門学校は忙しいけど行ってみると意外と楽しいよ!』という事をお伝えします。

こんにちは!看護師歴10年目のたま子です!

以前、「【看護師になるなら看護大学!】現役看護師がメリット・デメリットをこっそり教えます!」という記事で看護師になるなら看護大学がおすすめ!という話をしました。

でも、看護専門学校にも良いところはあるんですよ!

実際、私の妹は看護専門学校を卒業していますが「専門学校時代は楽しかったし良い人生の中の良い思い出」と言っています。

今回は専門学校を卒業した妹に、専門学生時代の具体的な日常生活や専門学校に通うメリットについてインタビューしてみました。

たま子

看護専門学校に進学したいと思っている方は是非ご覧になってくださいね。

看護専門学校での生活

授業はどんな感じだったの?

高校と同じような生活だったよ。授業は1コマ90分で朝の8:30~17:00くらいまで授業があった。

 

休み時間は15分、お昼休みは1時間くらい。

たま子妹

たま子

え!?高校生の時と同じ感じじゃん!しんどいね!

でも、慣れれば何も感じなかったよ。

 

休み時間がそんなに長くないから朝一度学校に入ったら授業が終了するまで学校からは出られない感じ。

たま子妹

たま子

看護大学卒業の私からしてみると結構きついなー。

 

看護大学は昼から授業でたり、授業と授業の間が数時間空いたらランチしに行ったりしてたから、専門学校と比べるとだいぶ楽だね。

ポイント
専門学校は授業のスケジュールが詰まっている

実習はどうだったの?

1年の秋頃から少しづつ実習が始まった感じだったよ。

 

2週間くらいかけて1回の実習が続いて、授業をはさんでまた次の実習が始まる感じだった。

たま子妹

たま子

看護大学は本格的な実習が始まったのは3年に入ってからだったよ。実習のクールは同じくらいだね。
ポイント
専門学校は実習が始まるのが早い

看護専門学校は授業のスケジュールが詰まっていたり実習が早く始まったりと看護大学よりもやはり忙しい印象です。

でも、妹は「それが普通」と思っていたからそこまでストレスは感じなかったみたいです。

看護専門学校での体験談

先生が厳しい

妹の通う専門学校には服装や髪型など風紀面にとても厳しい先生がいたようです。

ヒールある靴で登校すると「コツコツうるさい!」とか言って怒られたよ!

 

だからみんなその先生の授業の時だけ運動靴に履き替えてた。

たま子妹

たま子

え!めんどくさい!別に校則でダメなんて指定されてないんでしょ。
うん、でもなんとなく色々言われるの嫌だし。

たま子妹

たま子

大学にも厳しい先生はいたけど、実習以外の身だしなみは自由だった。

 

そこまで突っ込まれる事はなかったなぁ。

そのほかにも妹の話によると全体的に厳しい先生が多かった様子。

専門学校在学中に40人中8人の看護師が中退したとの事でした。

たま子

やっぱり色々厳しいからやめる人も多いのかな・・・。

でも、優しい先生もいるよ!

 

昼休みに「卵焼きもってきたよ~!」って食べさせえてくれたりもしたこともあったなぁ!

たま子妹

たま子

え~!それはうれしいね!私の大学ではそんな事なかったな!

大学の看護学部は1学年で100人以上学生がいましたが、専門学校では人学年40人程度。

人数が少ないこともあって先生とはアットホームな関係が築けるようです。

まとめ
先生は厳しいが、アットホームな関わりもできる

寮が厳しい

妹の専門学校には寮がありましたが、看護学生の寮での生活はとても厳しかったようです。

私は寮に入らなかったけど、寮の生活は厳しかったみたいだよ。

たま子妹

たま子

え~?早起きしないといけないとか?門限があるとか?

それよりもっと厳しいよ。

 

朝は7:30には起きて掃除をはじめないといけないの。

 

しかも後輩は先輩よりも早く掃除場所に行かないといけないから起きた瞬間にダッシュだよ!

 

あと、外出する時はホワイトボードにどこに行くか外出先を書いていないと外に出ることもできなかった。

たま子妹

たま子

え!想像よりもめっちゃ厳しい!
そうだよね、専門学校の中でも寮の看護学生と寮じゃない看護学生にはちょっと壁がある感じだった。

たま子妹

そんな規律に縛られた寮生活の上に厳しい実習もこなしていかないとなると、いったいどこに息抜きをする暇があるのか…

看護大学卒業の私からは考えられませんでした。

まとめ
看護学生寮は監獄のように厳しい

行事がたくさんあって忙しい

妹が通っていた専門学校は行事ごとがかなりたくさんあったようです。

代表的な行事として「ナイチンゲール生誕祭」「七夕祭り」「キャンドルサービス」があります。

【ナイチンゲール生誕祭】
生徒たちが歌いながら、ナイチンゲールの肖像画に花を備えていく儀式

【七夕祭り】
提携病院のロビーでダンスを踊ったり、出店を出したりするイベントを開催する

【キャンドルサービス】
クリスマスが近くなると提携病院の各病棟を訪問し、歌を歌いながらキャンドルを持って患者さんの部屋を順々に回っていくイベント。
サンタクロースの姿をした学生が患者さんに手作りのプレゼントを渡す。

上記の様なイベントを3年間続けてしていた様です。

たま子

イベントたくさんあってめっちゃめんどくさい!

そうなんだよ~!

 

イベントの品物もほとんどが手作りだし、イベントのために歌やダンスも覚えないといけないから、1年中放課後はイベントの準備をしている感じだったよ。

たま子妹

たま子

え~!自分の時間なくなるじゃん!
でも、患者さんがとてもよろこんでくれるしやりがいがあったよ。

たま子妹

まとめ
専門学校はイベントが盛りだくさんでとっても忙しい

看護専門学校に行くメリット

短期間で看護師になることができる

【看護師になるなら看護大学!】現役看護師がメリット・デメリットをこっそり教えます!」でも書きましたが、看護大学だと看護師になるまでに4年かかりますが、専門学校では3年で看護師になる事が可能です。

看護専門学校は高校卒業後では最短で看護師になることができるコースです。

たま子

できるだけ早く看護師になりたい!と考えている方は専門学校に進学するメリットがあります。

看護師になるまでの費用が安い

専門学校は看護大学と比較して看護師になるまでの費用を安く抑える事ができます。

看護師になるまでにかかる費用は?【大学と専門学校の比較】」でも書いた様に、

私(国公立の看護大学)の場合4年間で約258万円かかりましたが、妹(看護専門学校)は3年間で約172万円の費用に収まっています。

看護専門学校の方が看護大学より約150万円、看護師になるまでにかかる費用が安いです!

たま子

経済面が心配という方は看護専門学校を選択される場合も多いようです。

看護専門学校は看護技術を積極的に実践させてくれる

妹(専門学校)と自分(看護大学)での実習を比較してみると、看護専門学校の方が積極的に実習先で看護技術を実践させていると感じました。

妹の通っている看護専門学校では基礎看護技術のチェックリストがあって陰部洗浄・入浴介助・洗髪・清拭・手浴など見学・実施した技術の項目にチェックを入れる仕組みになっていたとの事です。

実際に指導者として学生や新人を見ていても、看護専門学校の学生は働き始めてからの技術の習得がスムーズでした。

在学中にしっかりと看護技術を身に付ける事ができるので、就職後の適応が早いというのも看護専門学校のメリットです。

たま子

私の通っていた看護大学にはチェックリストまではなかった…。

結論:看護専門学校は忙しいけど楽しかった!

妹に色々とインタビューをしてみましたが、結論を聞いてみました。

たま子

結局、専門学校は楽しかった?

うん、しんどかったけど楽しかったよ!

 

今でもあの頃の事は凄くよく覚えてる。人生のうちでとっても濃厚な期間だった。

たま子妹

たま子

そ・・・そうなんだ。

看護大学を卒業した私からすると、聞いたかんじはとても過酷そうな専門学校での生活でしたが…

看護専門学校に行った妹本人からすると良い思い出となっているようです。

住めば都と言いますし…

看護専門学校は厳しい面もありますが通ってみると意外と楽しいのかもしれません。

たま子

今回の記事が看護師を目指すあなたのお役に立てれば幸いです!

 

おすすめ看護師グッズをチェック!

看護師,ポケットの中 【看護師のポケットの中身は?】必需品を駆使して仕事効率10倍アップ! 【おすすめのナースウォッチ・腕時計】現役看護師が徹底検証! 看護師,おすすめ,印鑑 【看護師におすすめの印鑑】忙しい時にポンっと押すだけの救世主! 看護師,ハンドクリーム,おすすめ 現役看護師厳選!【おすすめのハンドクリーム】ハンドケアのコツもあり! 看護師,血圧計,おすすめ 現役看護師がおすすめする【アネロイド血圧計】で仕事効率10倍アップ! 【看護師の下着】透けてない?見えてない!?おすすめ下着でトラブルを一挙解決!

最後まで読んで頂き本当にありがとうございました!

\ブログランキング参加中/
にほんブログ村 病気ブログ 看護・ナースへ
ポチッと応援していただけると嬉しいです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)