『看護師とママ』どっちも楽しみたい方へ≫

【32歳で子宮頸がん!?】検診の結果『要精密検査』!急いで婦人科受診しました。

子宮ガン,検診

こんにちは、看護師兼ブロガーのたま子です。

みなさん、最近《子宮ガン検診》受けましたか?

私は今回を含めて過去4回ほど子宮ガン検診を受けた事があります。

職場の健康診断と2人の子供を妊娠した時に受けました。

子宮ガン検診ってきっかけがないとなかなか受けにくいですよね…。

  • 診察台の上で股を広げて大事な場所を見られるなんて恥ずかしい…
  • 器具を入れられるなんて痛そうで嫌だ…
  • まず、検診で病院に行くなんてめんどくさい…

そんな思いで子宮ガン検診を躊躇される方も中にはいると思います。

でも…

もしもあなたが子宮ガンで、見つかった頃にはもう遅かった…

と、なってしまったらどうでしょうか?

あなたはちっぽけな理由で子宮ガン検診を受けなかった事を後悔するでしょう。

私は今回職場の健康診断で子宮ガン検診を受けて『要精密検査』と出ました。

子宮頸部の細胞が軽度異形成(この先癌に移行するかもしれない状態)である事がわかったのです。

つまり…

子宮ガン検診を受けた事で子宮ガンを早期発見する事ができました!

たま子

今回はそんな不幸中の幸いである自分の体験談を書いていきますね。

職場の健康診断で受けた『子宮ガン検診』

今年6月に職場の健康診断がありました。

健康診断のオプションでついていた《子宮ガン検診》

子宮ガン,検診

タダで受けられるし、せっかくがからやってもらおうかな〜

と、軽い気持ちでしてもらいました。

まだまだ若い32歳、異常が出るなんて思ってませんでしたからね。

子宮ガン検診を受けたのは検診車の中でした。狭い車内で服を脱ぎ、診察台に座り足を広げてちゃちゃっと綿棒で組織をとる…

2人の出産を経験しているので、診察台に乗る事や器具を入れる事には多少慣れてはいますが、少しは痛みもありますし気持ちの良いものではありません。

でも5分もかからないうちに終わるので我慢我慢!

たま子

と、思っているうちにあっという間に検査は終了したのです。

子宮ガン検診の結果『要精密検査』!32歳でまさかの癌!?

子宮ガン検診を受けたこともすっかり忘れていた頃、健康診断の結果が返ってきました。

32歳とまだ若く、もちろん何の異常もないと思っていた私。

何気なく検査結果の紙に目を通していると…

子宮ガン検診の項目に『F判要精検』の文字が!

子宮ガン,検診,結果

え?

子宮ガンかもしれないの?

子宮ガン,検診,結果

『今回の検診の結果、精密検査が必要(要精検)と判断される所見が認められました。』

と、でかでかと書かれた用紙も添付されています。

今まで3回ほど子宮ガン検診を受けた事がありますが全て陰性でした。

びっくりした私は、その場で婦人科を予約。

運よくその日の丁度仕事終わりの時間に予約がとれました。

たま子

この歳でガンなんて嘘だよね…

と不安いっぱいな気持ちで婦人科に向かったのです。

『要精密検査』目的で婦人科を受診

健康診断結果と一緒に入っていた報告書を持参して婦人科を受診しました。

受診した婦人科は第一子である長男を出産したクリニック。

職場から自宅までの間にあり通院しやすい事、先生が穏やかで優しい事からそこの病院にしようと決めました。

診察までの時間待合室で待ちます

ドキドキドキ…。

妊娠の時のハッピーな気持ちとは正反対のズーンとした暗い気持ち。

まさかこんな気持ちでこの病院の待合室に座ることになろうとは思っていませんでした。

『〇〇番の方〜!』

緊張しながら診察室に入ります。

診察室の椅子に座ると先生が少し神妙な面持ちで話し始めました。

 

『検診の結果、〇〇さんはLSIL(クラスⅢa)と出ていました。

これは少し正常とは違った細胞があったという事を意味します。

癌かどうかは調べてみないとわからないので、子宮の組織をとって精密検査をする必要があります。』

 

私の検診結果は『LSIL(クラスⅢa)』との事。

婦人科の知識は全くないので『LSIL(クラスⅢa)』の意味がわからなかった私…

たま子

先生に説明してもらった内容を掲載しておきます。

子宮ガン検診の判定結果

クラスⅢとかって聞いたら癌のステージⅢとかぶって『え!?かなり状態悪いの!?』とびっくりしちゃいますが

子宮ガン検診結果の場合のクラスⅢはまだ癌ではない状態です。

子宮ガン検診の結果はベセスダシステムというクラス分類が国際基準となっています↓

▼ベセスタシステムによる判定結果

検査結果略語クラス分類今後の方針
陰性NILMクラスⅠ
クラスⅡ
異常なし
意義不明な異形扁平上皮細胞ASC-USクラスⅡ
クラスⅢa
要HPV検査
HSILを除外できない異形扁平上皮細胞ASC-HクラスⅢa
クラスⅢb
要精密検査:

  • コルポ
  • 生検
軽度扁平上皮内病変LSILクラスⅢa
高度扁平上皮内病変HSILクラスⅢa
クラスⅢb
クラスⅥ
扁平上皮癌SCCクラスⅤ

私の検診結果『LSIL(クラスⅢa)』は『軽度扁平上皮内病変』との事で

これからガン細胞になるかもしれないし、もとに戻るかもしれない状態。

その確定診断を受けるために今回精密検査を受けます。

たま子

受けた検査はコルポスコープ診と病変部位の生検です。

子宮ガン検診の精密検査を実施

例の婦人科の診察台の上に乗り、開いた股の間に器具を入れられます。

子宮ガン,検診

コルポスコープ診を行うために子宮頸部に酢酸がふりかけられます。

医師『ちょっとしみるかもしれませんよ〜』

との事でしたが冷たいだけで痛くも痒くもありませんでした。

酢酸をかけてしばらくすると異常部位が白く変色するようでその部位を狙って生検します。

医師『何箇所か組織を切り取りますね〜』

との、事でハサミをパチンパチンと切る音が聞こえました。

ちょっとビクッとしましたが、私の場合ほぼ痛みは感じませんでした。

たま子

子宮頸の気になる箇所を3箇所生検し精密検査は終了しました。

子宮ガン検診の精密検査後

精密検査で子宮頸部の生検をしているため、検査当日はシャワーのみで翌日から入浴OKの指示が出ました。

数日出血が続く可能性があり、出血がひどいようなら再度受診してくださいとの事でした。

検査後は特に痛みや不快感はなく通常通り過ごすことができました。

たま子

生理の終わりの頃の様な少量の出血がありましたが、翌日にはほぼ治っている程度でした。

精密検査の結果を聞くまで本当に不安…

精密検査の結果が出るのは検査から2週間後との事です。

子宮ガン検診の結果通り『LSIL(クラスⅢa)』であればまだ癌には進行しておらず、正常な細胞に戻る可能性もありますが、もしかしたらもっと上のクラスかもしれません。

クラスが上がれば上がるほど正常な細胞に戻る確率は低く、ガン化する可能性が高くなる。

たま子

もし悪い結果だったらどうしよう…。

内緒にできないタイプなので実母や夫には話しました。

母は看護師なので真剣に受け止め聞いてくれましたが、夫はどこか他人事で『まあ大丈夫やろ』くらいにしか思っていません。

検診の際にもらった資料によると…

精密検査で見つかるガンの割合は子宮頸がんの場合は『13人に1人』との事です。

子宮ガン,検診,割合

13人に1人って結構多く感じてしまいます。

たま子

13分の1の中に入ったらどうしよう…。

と、悶々と不安な日々を送っています。

子宮頸がんってどんな病気?

まずは病気の事を知ろう!

という事で不安な中、子宮頸がんについて調べまくりました。

子宮頸がんは発ガン性のあるウイルス、HPV(ヒトパピローマウイルス)に感染する事によって起こる病気です。

HPV(ヒトパピローマウイルス)は性交渉によって感染するため、性交渉経験のある女性なら一生に一度は必ず感染すると言われています。

多くの場合は自然治癒するのですが、一部の人ではHPV感染が長期間続く場合があるのです。

HPVには100種類以上のウイルスの型が存在し、ハイリスク型のHPVに感染した場合はガンに進行する確率が高いとされています。

(特に注意するハイリスク型は16型と18型)

自分の場合は何型なのかとっても気になります…。

今回の精密検査で調べたのか、次の診察の時に聞いておこうっと。

そして調べてみてわかったのは

子宮頸ガンは早期発見が可能なガンだという事!

今回の私の様に『癌になる前の異常な細胞』から発見する事ができるので、定期フォローで検査を受け続ける事で細胞がガン化した時点でいち早く治療を行う事ができます。

検診のプリントでも子宮頸がんの90%は早期ガンだと書かれており、他のガンと比べても早期発見できる確率が高い事がわかります。

子宮ガン,検診,割合

早期ガンを見つけるためには定期検診が不可欠です。

たま子

今回は職場の健康診断で偶然子宮ガンの前ガン病変が見つかり不幸中の幸いでした。

おわりに

とりあえず、結果が出るまで本当にドキドキです。。。

最悪の結果が出ないことを心から願っています。

みなさんも『若いから大丈夫!』『自分は大丈夫!』とガンに対して他人事になってはいませんか?

子宮頸がんは20代〜30代に多いがんで若い女性のがん死亡原因の1位となっています。

たま子

決して他人事にはならず、定期的に是非がん検診を受けてみてくださいね。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)